タグ:雑記 ( 36 ) タグの人気記事

3月12日 日記

b0164273_23182410.jpg

僕はすごくランドスケープアーキテクトになりたい!という訳じゃない。
別に設計の仕事をめちゃくちゃしたい、という訳じゃない。
むしろサラリーマンとか、あるいはごみ収集員とかの方が自分には合っているんじゃないかとさえ思える。
ただ僕が思うのは、ほんのささやかなことでいい、世の中の問題に対する助けになりたいということ。
誰かの助けになりたい、というより、単純にそういう行動が自分が好きなだけだ。多分。
たまたま僕の興味があるのが、自然とか、デザインという方向だった。
たまたま自然が好きで入った園芸学部にランドスケープという道があった。
それだけ。
ランドスケープアーキテクトはあくまで手段であって目的ではない。
ただ、今までデザインをしてきた中で、色んな事を見つけた。
デザインを通して、デザインを通した社会を通して。面白かった。
だから少し目指してみようかなんて思った。
無理だろうな。多分。
でも目指すことは、僕なりに頑張ってみることは、無駄ではない。
そんなこんなで結局向いてませんでした、ってのもまぁありだ。
だけどとりあえずは、頑張ってみよう、僕なりに。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-12 23:18 | diary

3月11日 日記

b0164273_28432.jpg

こんなに強い気持ちを抱くのは久々で、戸惑う。
僕は、僕が大事だと思う人達に分かってもらいたいと願う。
願う一方でどうせ分かってくれないだろうと絶望感のようなものを抱く。
そしてそのような自分に激しい嫌悪感といらだちを覚える。頭をかきむしりたい衝動に駆られる。
もう、誰か意識が飛ぶまで殴って蹴り飛ばしてくれよと思う。
こんなにも不安なのは、何も分からないのは。
きっと本気で分かろうとした経験が無いからなのでは、と思う。
分かってほしい、分かってくれ、と願いながら
衝突を避けてきた僕は何かどす黒いものを抱えている気がする。
何が正しくて何が間違ってるのか分からない。
けど、これは確実に悪いものだろう。
僕の、人に見せたくない醜い部分だ。
消えてなくなれと願う。
僕は信じるしかない。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-11 02:08 | diary

ふと

他でもない、日本にとってのパーマカルチャー的なランドスケープの在り方、とは。
そこに自分が必要だと思うものがあるのかな。
持続可能性を追求しつつ、日本における望ましい風景をつくること。
パーマカルチャーとランドスケープという2つの事柄を結びつけ、デザインすること。
もっと両方のことを知らなければならない。

パーマカルチャーを取り入れている舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
スタッフ体験ステイを募集しているみたい。行こうかな。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-07 14:23 | diary

3月2日 日記

b0164273_014778.jpg

昼前に起きた。
ひげを剃った。服も着替えた。
玄関まで行ったけど引き返して、家にこもることにした。

楽しかった夜の次の日は、何か寂しい。

お茶をいれる。熱いから待つ。
すごくぼーっとする。
上村愛子の
「かっこよかったでしょ?」
って言葉が何故か思い出される。
かっこよかった。
メダルに関係なく誇らしげなその言葉が
妙に頭に残っている。

かっこいい大人になりたい、と考える。
けど俺が考えるかっこいい大人に、俺はなれないだろうな、とも思う。
でもそれが残念だという感じはしない。
当たり前のようだけど、俺は俺で、それは悪いことではないんだろうな、と思う。

自分が親になった時のことを考える。結婚できるとは、子供が出来るとは限らないけど。
兄貴が親になったところは割とイメージできる。
姉貴が親になったところはあんまりイメージできない。
でも何だか楽しそうにやってそうだ、とは思う。
自分が親になったところは、全くイメージできない。
何が正しくて何が間違ってるなんて自分だって分からないのに。
俺が、子供に何を教えればいいのか。
自分の子供とどう接すればいいのか。
こんな自分が子供を育てられる自信はない。
反抗期の息子に対して情けないことになってそうだな、とか思う。
けど情けなくても、俺が俺の親に対するように、俺の子供にとっても少しは尊敬に値する親でありたい、と思う。

きっと裕福な暮らしはさせてあげられないだろうな、多分。
有能にバリバリ働けるような人間じゃない。
あんまり出世したいとも思わない。
それにすぐさぼるし。
すごくいい物に囲まれなくても
それなりに食べることが出来て
毎日のちょっとした楽しみを味わっていければ
そんな生活が出来ればいい。
意外と平凡な生活が一番合ってるのかもな、とか思う。
たまに昨日の夜のように笑っていられる人達と、それができる時間があればそれが俺にとっての1つの幸せだろうな。
それは自己中な考えかな。

何か寂しくなったとき、考えてるとき、
兄姉の生活音が無性に有り難く感じる。
不必要な干渉が無く、ただそこにいる、という在り方。
結局今日一日何もせず、ぼーっとしてたら終わった。
たまにはいいんじゃないかな。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-02 01:51 | diary

かわいい

b0164273_228877.jpg

数ヶ月前にひとめぼれして買ったとうがらし。


b0164273_2285894.jpg

こんなかわいい花が咲きました。
[PR]
by santos0113 | 2009-11-09 22:10 | diary

鳥、まるごと

今日はBBQに行ってきました。

といってもあんまりバーベキューっぽいことはやらず…


焼いたのは


鳥。
b0164273_1964840.jpg





こんがり焼き色もついて
b0164273_1982267.jpg

いただきますm(__)m



猫も一緒に手羽を食べます
b0164273_19143612.jpg



関係なく似たような神戸住まいの猫
b0164273_19192733.jpg

こうもん。





昨日は『アーキカフェ「建築家と話そう、作ろう」』というセミナーに行ってきました。
ワークショップ形式で模型など作って、住まいに関して勉強するといった内容です。

1時間半ほどかけて各自、建築家の方々のアドバイスをもらいながら簡単な模型をつくりました。
僕は友人3人とシェアする家という設定にし、その目的に合わせた家を作っていったのですが…
こういうルームシェアは増加の傾向にあるそうですね。
UR都市機構においても、以前までは禁止していたのを、今はハウスシェアリング制度というものにより場所によって認可されているそうです。


僕も来年から友達とルームシェアをして暮らす予定なんですが…
そういうことに対して抵抗がない、何だか上の世代と僕らの世代と常識が変わってきている感じはあります。
前に書いたコーポラティブハウスについても、そういう流れの一つなのではないでしょうか。
僕としては、どんどん広まっていってもいいなと思ってます。
そういう流れが来るに従って、家のかたちなんかも合わせて変わってくるのではないでしょうか。
[PR]
by santos0113 | 2009-11-01 20:05 | diary