タグ:アイデア ( 4 ) タグの人気記事

つぶやく。

twitter。ツイッター。つぶやき。

みんなつぶやきたがってる。
イイネ!って共感を求めてるのかもしれない。
今はつぶやきをネット上だけでなくて、現実に持ちこめないかなって考えてる。
卒制に生かせないかしらん。
[PR]
by santos0113 | 2010-12-09 21:00 | diary

光と陰

b0164273_10184999.jpg

共通する綺麗な景観なんてものは無いのかもしれないけど、それでも僕は今、綺麗な景観を見つけようとしている。
それと直接関係するわけではないけど
急に思い出した。
大学で教授が言っていた言葉。うろ覚えだけど…

「君らが太陽に照らされたら、影ができるだろ?それと同じように…
街には光と陰がある。」

今思えばちゃんと出席しておくんだったと思うけど、仕方ない。
ここで言う光とは、みんなが求めるようなキレイで安全な景観であり
陰とはつまり、みんなが避けるような風俗街のようなものを言う。

ほとんどの人は街全体が光あふれる街を期待する。
もちろん僕だってそうだ。僕自身、そして僕の大切に思う人達の身の安全を一番に思う。
でもどんな場所にも陰と呼ばれる部分はある。
それは一人の人間にしてもそうだ。僕にも陰の部分がある。
それでもそんな陰の部分と何とか折り合いをつけて関係を成り立たせているのが人間だろう。

でもそれが街となると、違ってくる。
みんなが陰を避ける。陰はどんどん追いやられていく。いずれ陰は集まり、集中するようになる。
光あふれる街をつくり出したことで、陰に覆われた街が現れる。

光を求めるあまり、何かを犠牲にしている可能性もある。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-19 22:32

3月16日 日記

なんだか読書の気分じゃないので、少しぼーっとする。
「世の中の役に立つ」ということについて考えてみる。
世の中の役に立つこととは、何か問題を解決すること。これが浮かんできた。
問題ならたくさんある。
しかし内田樹も言っていた。
まだ誰も注目していないような問題とは何だろう。
漠然と考える。もちろん何も浮かばない。
問題、というのがいまいちわかりづらい。
僕が僕に対して問題だと思うときは、どんな時だろう。
苦しい時かな。

すでに誰かが苦しんでいるけれども、誰も注目していないようなこと。
いずれ誰かが苦しむことが予想されるけど、誰も気づいていないこと。

少し分かりやすくなったかもしれない。浮かばないけど。
でもそれは意外と日常に転がっていたりするのかもしれない。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-16 16:06 | diary

ふと

他でもない、日本にとってのパーマカルチャー的なランドスケープの在り方、とは。
そこに自分が必要だと思うものがあるのかな。
持続可能性を追求しつつ、日本における望ましい風景をつくること。
パーマカルチャーとランドスケープという2つの事柄を結びつけ、デザインすること。
もっと両方のことを知らなければならない。

パーマカルチャーを取り入れている舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
スタッフ体験ステイを募集しているみたい。行こうかな。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-07 14:23 | diary