<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

庭園史をあるく

庭園史をあるく―日本・ヨーロッパ編

加藤 允彦 / 昭和堂


日本編とヨーロッパ編に分かれているのでとりあえず日本編から。

●東アジアの庭園
日本の庭園を知る上で東アジアの庭園は欠かせない。
1.古代中国の庭園
○周時代までの庭園
約3000年前、周王朝が成立する時代。稲作文化は山東半島を含む黄河下流域にまで広がっていた。この頃には家屋の前には庭ができ、囿や園圃に近い状態にまで進んでいたと考えられる。
水田耕作のはじまりとともに人々は身近に花の咲く草花をみることができるようになり、花を観賞する心も培われていったと考えられ、庭の植物も実用性のみでなくなった。
○秦・漢時代の庭園
広大な囿である上林苑の発生。
太液地に三神仙島を設け、金石を刻して獣の属をかたどり池中に配している。
漢代に至って苑池園林はほぼ完成したとみられる。
○三国・南北朝時代の庭園
紀元後220年曹丕が漢を滅ぼして魏を建国して以降、589年隋文帝が中国全土を統一するまでの間は中国は大いに乱れたが、日本の古代国家成立に向けての基層となる文化が成熟していった。
498年には閲代堂に芳楽苑を起して山石には皆五彩をもって塗り、池水をまたいで紫閣をたてるなど、技巧をこらし華美な趣向も目立つようになる。
366~371年のころに曲水の文化が出てくる。

2.古代朝鮮の庭園
○古代朝鮮の概要
古代朝鮮は、ツングース系・モンゴル系・東夷系の三つの異なる文化をもった民族が、中国の影響を受けながら独立し、朝鮮半島における三国時代を迎えることになる。
○百済の庭園
291年、宮室を重修し、苑池を造成。
500年、熊津城の宮の東に高さ五丈の臨流閣を建て池を穿ち奇禽を養っている。
655年、望海楼を重修。扶蘇山と錦城山を背景に広大な海のような池に臨んで建てられていたと考えられている。
○新羅の庭園
674年、「宮内に池を穿ち山を造り、草花を植え珍禽奇獣を飼養した」これが新羅の宮苑池の始まりとされる。
○渤海の庭園
高句麗の遺民を中心に渤海国が698年中国東北地方の地に建国される。
上京龍泉府の王宮の東に、庭園のある一角があることがわかっている。
「中ほどやや北寄りに池があり、池には島が二つあり、島には亭が建っていた。池の北には殿舎があり、平面は平等院に似ている」と報告されている。

●日本庭園の黎明
ちなみに僕は分からなかったんだけど、黎明=新しい時代・文化などが起ころうとする時期
1.原始時代の造園土木
○縄文時代
縄文時代においても低密度ではあっても栽培農耕があったと考えられるようになってきている。
また、建築では竪穴住居が主ではあるが、しっかりとした建築工法や大規模な建築物の存在が確認できる遺構が検出されている。
縄文時代の遺構の特徴として石材が多用されていることが挙げられる。
○弥生時代
農耕、特に稲栽培が本格的にはじめられた時代。
稲作の生産力が増大し、地域の経済力も大幅に向上。それにより多くの「クニ」にまとまって相争うようになった。
相当立派な建物が知られているが、これまでに庭園に関するような遺構は発見されていない。
しかし、水田経営に伴い水を管理する技術は発達し、木竹を使って水を堰止めたり、水路を保護する遺構などが確認されている。
○古墳時代
この時代は大きな石材を組み上げ、固い石を加工するなど進んだ技術を身近な物にしていた。
また、「クニ」の統合や政治的連合などが進み、ヤマト王権が確立し国家が成立してゆく時期になる。
この時代になると、「日本書紀」にも庭園に関連する記事が記載されるようになる。しかし中国の典籍からの引用などが目立ち、慎重な判断を要する。
宅地を区画し、蔬菜を栽培したりするような実質的な「ニハ」空間が成立し、自然観照的な美意識が確立していた段階とみることが妥当。
・池溝の開発と古墳の築造
この時代は特に「池溝の開墾は国家的事業として行われ」「古代の農事振興に重要な役割を」持っていた。
池溝の造開を行い水田経営を積極的に進めた豪族たちは、その墓所である古墳を開発した地域を望むところに造営した。こうした古墳の石室を組み上げる石組技法は、後に庭園の滝を組む技術につながるものである。

2.飛鳥時代の庭園


※『「縮み」志向の日本人』

続く
[PR]
by santos0113 | 2010-03-30 00:45

東洋の理想

卒論はあくまでランドスケープの研究。
社会問題の研究ではない。
「何か注目されない仕事」ではなく
「何か注目されない仕事があることでランドスケープ上問題になっている事例を探す。」
いやどちらかといえば
「ランドスケープの問題を解決するために、注目されない仕事に焦点をあてる。」

不安定になっている。焦ってる。集中できない。
本の内容が全く頭に入って来ない。
昨日大学の友人と会った。ひどい態度をとった。
誤解を招かないような口が欲しい。

東洋の理想 (講談社学術文庫)

岡倉 天心 / 講談社

スコア:


岡倉天心の書いた本。
もう一度必ず読み返そう。全然頭に入らなかった。
日本はアジア文明の博物館となっている。なんとなればこの民族のふしぎな天性は、この民族をして、古いものを失うことなしに新しいものを歓迎する生ける不二元論の精神をもって。過去の諸理想のすべての面に意を留めさせているからである。

日本は古くから様々な文化を吸収して、それを自分たちなりの文化にしてきた。
受けた影響を、どんなに巨大でもこれを受容して改めて応用するための豊かな活力があった。
明治時代に大量の文化が流入しても、国民がバラバラになることがなかったのは日本の粘着性によるものだ。日本の奥底にはアジア文明が詰まっていて、そこから大きく離れることは無い。
日本人にこそ出来ることが確実にある。そして日本を正しく理解するためには、日本文化のみならず、その根底となるアジアの文化も知る必要があるだろう。
日本人であることを誇りに思いたい。僕は中高生の時日本が嫌いだったし、現代の多くの子供たちも同じじゃないだろうか。
正しく日本を知りたい。
モノの豊かさ=心の豊かさではないとだんだんみんなが分かってきている今、かならず日本の文化が見直される時が来る。気がする。
六世紀に仏教がこの国に渡来する以前、原始日本の芸術全般の上に及んだ大陸の影響の最初の波は、中国の漢および六朝のそれであった。…その芸術の概念は、大まかに孔子的(儒教的)と呼んでよいであろう。

儒教的中国がインドの理想主義を受け入れることは、もし老荘思想と道教とが、周朝の末以来、これらアジア思想の相互に対立する両極の共同の展開の為の心理的基礎を準備していなかったならば、けっして行われることのできなかったことであろう。


僕が感じることや、その行いには古くからの文化の大きな流れがある事を知らなければならない。
自分一人でどうにかなったことではなく、その根底に文化がある。
そしてその文化を知ることは、現代における日本の皆を知ろうとする姿勢ではないかと思う。



落ち着いた。
僕は間違っていない。そして友人も先生も誰も間違っていない。
理解などされなくても、僕は理解されようと、しようとする姿勢を諦めてはいけない。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-24 18:15 | book

走ること 瞑想すること

上の二つは何か似通った部分があるように感じる。

最近、寝る前にちょっと目を瞑って何も考えずに集中する習慣をつけている。いわゆる瞑想かな。
瞑想というと何か修行のようなイメージを受けるけど、イメトレみたいなもの。
気付けば何かの考えにとらわれがちになるけど、そういうのを全部無視すると、確かに一瞬一瞬ではあるけど何も考えていない瞬間が確かにある。

走っている時、無理がなくいつまでも続けられるような走りの時は、「走っている」という意識が無く、むしろ「走っている」状態が普通の自分のようになっている気がする。
つまり苦しいとかキツいとかそういう感覚はなく、気付いたら無意識の内に前に進んでいた、という感じ。

自分の外面に張っていたものを取っ払って、何も構えていない状態になる感覚。
体は走っているんだけれど、中の自分は臨戦態勢でなくなる。
だから走ったり、全力でスポーツすることは気分転換になるのかもしれない。

瞑想することも、それと変わらない。
少しはまる。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-20 22:25

光と陰

b0164273_10184999.jpg

共通する綺麗な景観なんてものは無いのかもしれないけど、それでも僕は今、綺麗な景観を見つけようとしている。
それと直接関係するわけではないけど
急に思い出した。
大学で教授が言っていた言葉。うろ覚えだけど…

「君らが太陽に照らされたら、影ができるだろ?それと同じように…
街には光と陰がある。」

今思えばちゃんと出席しておくんだったと思うけど、仕方ない。
ここで言う光とは、みんなが求めるようなキレイで安全な景観であり
陰とはつまり、みんなが避けるような風俗街のようなものを言う。

ほとんどの人は街全体が光あふれる街を期待する。
もちろん僕だってそうだ。僕自身、そして僕の大切に思う人達の身の安全を一番に思う。
でもどんな場所にも陰と呼ばれる部分はある。
それは一人の人間にしてもそうだ。僕にも陰の部分がある。
それでもそんな陰の部分と何とか折り合いをつけて関係を成り立たせているのが人間だろう。

でもそれが街となると、違ってくる。
みんなが陰を避ける。陰はどんどん追いやられていく。いずれ陰は集まり、集中するようになる。
光あふれる街をつくり出したことで、陰に覆われた街が現れる。

光を求めるあまり、何かを犠牲にしている可能性もある。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-19 22:32

願い

b0164273_2223040.jpg

友人が妊娠したそう。

あぁもうそんな人が同級生から出てきてもおかしくないんだな、と思う。
おめでとう、と祝福。大丈夫か、と少し心配。

僕にはまだ、早すぎる。
自分の子供に何かを教える以前に僕自身が子供だしな。
いつか覚悟はできるのだろうか。

彼女は親兄弟に反対されたそうだ。
それはそうだろう。僕が同じ立場でもきっとそうする。
でも堕ろさない、と彼女は言う。
本人がそう言うのであれば、覚悟が出来ているのであれば、
少なくとも親は応援すべきだと、そうあってほしいと願う。
そして彼女らが健やかである事を願う。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-19 09:41 | diary

愛について語るときに我々の語ること

愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)

レイモンド カーヴァー / 中央公論新社

スコア:

とても、哀しい、というかやりきれない思いになる本だった。
レイモンド・カーヴァ―の本を読むのは初めてだ。すごく想像力を要する。花粉症にはキツい。
僕には良く分からない。もしかしたらこれから分かるのかもしれない。分からなくてもいいような気もする。
僕は今幸せに暮らしていてこれからもそうだと信じている。
でも、何ていうか、どうしようもなく自分の力の及ばないところで、もしかして僕は一気に落ちていくのかもしれない。
物事は変わるんだ、と彼は言う。どうしてそうなるのかはわからないけれど、とにかくわけのわからないうちに、思いに反して、物事は変化するんだよ。

人間って不安定だなと何となく思う。

何も分からないけど、何か人間の本質的なところを垣間見たような、何というか。
言葉に表せない。
深く考えるのはやめよう。
ただ、そういうものがある、というのを記憶に留めておこう。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-19 00:05 | book

J-POP


J-POPが好きじゃない。

自分の偏見とか何か頑なさがそうさせているのかもしれない。と思っていた。
いや、それも確実にあることは認めよう。
けれどそれだけじゃない、この前のハイチの件でも言ったことだけど、何か説明できないものがある。
「何か伝わってくるもの」

好きなアーティストだっているんだけど。
Mr.childrenも、くるりも、Dragon Aahも大好きだ。
RIP SLYMEも、マッキーも、安室ちゃんも好きだ。
イエモンの
「あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔 子供だってね」
って歌詞はいつも泣きそうになる。
上にあげたけど最近charaも好きだ。もう10年以上も前の曲だけど。

ふと浮かんだことだけど 確証はないけど
みんな、それぞれの音楽からそれぞれの辿ってきた人生を感じられる気がする。
「自分の仕事をつくる」にあった「こんなもんでいいや」という姿勢は少なくとも感じない、気がする。
それぞれに真剣みを感じる。
何だか一対一で対話しているような気分にさえなる。

逆にJ-POP全体における「こんなもんでいいや」的姿勢だと思える部分は
なぜ歌詞があんなに同じようなのばっかなのか。
メロディだってそう、聴いたこと無くても何となく先が予測できる曲もある。
出てきた当時は面白いと思えたアーティストが、何だか他と同じようになっていく。
それは音楽のファーストフード化と言えないかな。

デザインを少しやっている自分としては、アーティストがみんな同じような物を作るのはあり得ない。
それぞれに人生があって、同じものに対しても感じ方が違うのが人間の面白いところではないかな。

もちろんJ-POPがあってもいいとは思う。
聞き覚えのあるメロディってのはそりゃ取っ付きやすいだろうし。
それが好きだという人はそれでいい、問題ない。僕だってたまには聴きたい。
でもいつもは聴きたくない。押し付けてもらいたくはない。

ただ、少しは思う。押し付けるつもりはないんだけど
ちょっと他の物にも手だしてみろよ、パクチーだって慣れれば意外とうまいかもよ。って。
僕も音楽にそんなに詳しいわけではないけど。そしてパクチーは嫌いだけど笑


最近車の免許を取ったので中でいつも流している、ケミカルブラザーズのstar guitar。

最近知ったんだけどPVの背景は、それぞれの音とリンクしてる!!
すごいアイデア!!
何か思わず一つ一つの音に集中してしまう。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-17 18:23 | music

自分の仕事をつくる

自分の仕事をつくる

西村 佳哲 / 晶文社

スコア:


今まで色んなことを考えて導いてきた答えがこの本に詰め込まれていた。
びっくりした。
ここに挙げられている人達が、僕は好きだ。
僕は僕が好ましいと思うものに向かって進んできたからそれは当然のことかもしれない。

「こんなものでいい」と思いながらつくられたものは、それを手にする人の存在を否定する。「こんなもんでいいや」という気持ちで作られたものは、「こんなもんで…」という感覚をジワジワジワと人々に伝えてしまう。


合理的であること、生産的であること、無駄が無く効率的に行われることをよしとする価値観の先にあるのは、極端に言えばすべてのデザインがファーストフード化した、グローバリズム的世界だ。


とくに口にしなくてもわかっている「何か」を、互いに共有しているチームは強い。…触れた時に、グッとくる、得も言われぬ何か。それを企画書に記述するのは無理だし、試みること自体ナンセンスだ。


どのような分野にも、技術進化の過程で起こる倒錯現象がある。目的と手段が入れ替わってしまう現象だ。…デザインが「人を幸せにする」という本来の目的を離れ、デザインの為のデザインという堂々巡りに陥りはじめている。


「世の中でいちばん難しいのは、問題をつくることです。
万有引力の法則におけるニュートンの林檎のように、問題の凄いところは、出来た瞬間その先に答えがある事。それをつくり出すのは、本当に難しいことです。その力が大学生にあるかと言えば、残念ながらまだでしょう。」


自分が感じた、言葉にできない魅力や違和感について「これはいったい何だろう?」と掘り下げる。きっかけはあくまで、個人的な気付きに過ぎない。
だが、そこを掘って掘って掘って、掘り下げてゆくと、深いところでほかの多くの人々の無意識と繋がる層に達する。


以前、ある講座のようなところで話す機会があった時に、自分の目的は何だろうって、あらためて考えてみたんです。すると、パンそのものが目的ではないな、という気持ちが浮かんできた。目的と言うと大げさですが、皆がこう幸せにというか、気持ちよくというか、平和的にっていうんでしょうか。そんな気持ちが伝わっていけばいいかなって思うんです。


「ダブル・バインド(二重拘束)」は、人類学者のグレゴリー・ベイトソンが提唱した理論だ。例えば母親が子供に「愛しているわ」と言う。嬉しくなった子供がそばに近づいてみると、母親の目や表情は冷たく、言葉とはまるで逆のメッセージを発していたとしよう。このような状況をダブル・バインドという。…自然や波の音、朝日を覚ます森の鳥たち、あるいは春に咲く花。そうした自然物に、人がいやされる思いを抱きやすいのは、美しいからだけではない。それらには、「嘘」やごまかしが一切含まれていないのだ。
思いっきり単純化すると、「いい仕事」とは嘘の無い仕事を指すのかもしれない。


自分がつくっているものは、自分に必要だから作るんです。この茶碗も、ただ売るためにつくり出しているのではなくて、まず自分が使いたい。あとカフェで使いたい。目的ははっきりしている。自分が欲しいものを少し多めに作って、“好きな人がいたらどうぞ”っていうスタイルです。


「その会社に幻滅したわけではないんです。ただ、すごく大きな組織で、分業が徹底していた。それぞれの仕事のレベルはものすごく高いんですけど、設計した人の思いが十分に伝わらないまま、図面だけが金型工程に流れてしまっていたり……。どうにも、ちぐはぐとした状況が、目につくようになってしまったんです。」


「デザインとは愛である。」



どれもこれも、えぇそうですわなぁわかりますわぁ~って相槌打ちながら読み進めた。
特に最後の「デザインとは愛である」って言葉なんて、え。何でおれの考えてること分かるん。と、うぬぼれでもなんでもなく感じた。
デザインに限らず、教育だって、音楽だって、科学だってそうだ。
ものごとの本質というのは愛に支えられているのが理想だと思う。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-17 17:05 | book

3月17日 日記

今日の新聞で
「殺人容疑で母親逮捕」
の文字。
夜も眠れないほど育児に疲れ、子供をかわいいと思えないことが何度もあった。
夫と交際していたころの生活に戻りたかった。

虐待死事件が多い。
無責任に子供を産むなと責めることはいくらでも出来る。
でもそれはあまりに酷であり、社会をこのようにしている問題がある。
単に保育所が少ないとか、そういうところじゃない。もっと、奥深いもの。
死ぬと分かっていた
殺意は無かった

矛盾しているようだけど嘘をついているわけでは無いと思う。何となく。
愛には努力が必要だ。
そこに問題があると、断定は出来ないけど。


最近読書をして、色んな事を発見する。
もし同じ本を2年前の同時期に読んだとして、同じような発見が出来ただろうか。
出来ない、と思う。
きっと僕は僕なりに一応成長している。
今あって2年前に無かったものは色んな経験だ。出会いだ。
後悔したこともあるが、それも全部活きていると実感する。
これこそ僕の探していた本だ!と思うことが多い。
きっと僕は経験を通して漠然と感じていたことを、言葉にして吸収しているんだと思う。
そしてその作業はとても楽しい。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-17 08:40 | diary

3月16日 日記

なんだか読書の気分じゃないので、少しぼーっとする。
「世の中の役に立つ」ということについて考えてみる。
世の中の役に立つこととは、何か問題を解決すること。これが浮かんできた。
問題ならたくさんある。
しかし内田樹も言っていた。
まだ誰も注目していないような問題とは何だろう。
漠然と考える。もちろん何も浮かばない。
問題、というのがいまいちわかりづらい。
僕が僕に対して問題だと思うときは、どんな時だろう。
苦しい時かな。

すでに誰かが苦しんでいるけれども、誰も注目していないようなこと。
いずれ誰かが苦しむことが予想されるけど、誰も気づいていないこと。

少し分かりやすくなったかもしれない。浮かばないけど。
でもそれは意外と日常に転がっていたりするのかもしれない。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-16 16:06 | diary