雑記

・サウスブロンクス
ヒップホップ発祥の地。
ロバート・モーゼスにより強引に白人は郊外に移された。
また、マンハッタンにはできる限り見苦しいものは置かないという考えから、
高層の公営団地、ハイウェイはサウスブロンクスに置かれた。
それに加えて、スラム一掃プログラムにより、最貧困層が流入し、サウスブロンクスはおよそ手の施しようのないほど荒れる。
しかし、その中でヒップホップ4大要素「MC」「DJ」「ブレイクダンス」「グラフィティ・ライティング」という文化(アフリカ・バンバータが提唱)が生み出され、世界に広まっていくこととなった。

ジェニファーロペスの生まれもここ。
・DJクールハーク
ヒップホップ黎明期の3大DJの一人。ジャマイカ生まれ、ブロンクスへ移住。当時は見た目も喋りも田舎の少年丸出し。
「クール」はタバコのKOOLから。
「ハーク」はバスケットで力づくでゴールを決める彼を揶揄して「ハーキュリーズ」と呼ばれたことから。
ダンサーがもっとも盛り上がるのは、曲中の短いインストゥルメンタル・ブレイクの時と気づく。
「メリーゴーラウンド」と称したテクニックで、ブレイクダウンを繰り返した。
その時間でダンス・バトルを繰り広げ、ブレイクしあう人々をブレイクボーイズ、すなわちBボーイズと呼んだ。

DJ Kool Herc

[PR]
by santos0113 | 2013-12-15 22:21 | diary
<< memo 雑記 >>