6月5日 日記

b0164273_2129063.jpg

先日友人の結婚式に行ってきた。
新郎新婦のキスは結構良いものですね。
出来婚だけど、今自分に子供が出来たとしても育てることは出来んだろうなぁ。
自分があまり叱られた経験の無い人はあまり叱ることができないらしいけど、僕も多分そう。

叱れないんです。

何を叱ればいいのか分からない。
自分が叱っていることが正しいことなのか分からなくて。
倫理的に守らなければならないこととかいっぱいあって、でももし「何で守らなきゃいけないの?」って言われたら僕は答えに詰まってしまうと思う。
「ダメなものはダメなの!」としか言えない笑

すべてに対していーじゃんその人の個性じゃん、って言ったらもう何も叱ることは無くなる。
個性ってのは大事だと思う。
じゃあ、何を教えればいいんだろうか。分からない。


この前彼女にひどいことをしてしまったことがあって、言われたことが

「自分を認めることはいいけど、自分を隠すことは相手を傷つけないために必要でしょ」

自分の悪い部分も個性だから受け入れろよ、全部合わせて俺だろみたいな姿勢があったんだろう。
そんなことしてたらコミュニケーションが成り立たないのは考えたら分かりそうなものだけど。

バランスが必要なのかな。

子供なんて放っておいた方が良く育つって聞くから、自分がその答えとなっていれば、子供は勝手に学んで行ってくれるかもしれない。
ってか今からそんなこと考えても分からんな。


ただ子供にとって、僕が当たり前に通り過ぎることが当たり前ではない。
「そういうもんだ」と納得してるけど説明できないものはいっぱいあって、そういうものを改めて見ていくところにデザインとしてのヒントはあるだろうと思う。
[PR]
by santos0113 | 2010-06-06 00:48 | diary
<< 6月11日 日記 公共と私 >>