珈琲に遊ぶ

珈琲に遊ぶ―おいしいコーヒーを淹れるヒント

川中 幸博 / 未知谷

スコア:


ちょっと早起きしてすぐ布団を干して窓全開にしてお湯を沸かしコーヒーを淹れる。
ラジオを聴きながら、何もせずゆっくり珈琲を飲む。

「キザじゃん」って言われるけど、自分の中ですごく幸せな時間。
それは熱いお茶でもホットミルクでもなく、コーヒーじゃないとダメ。この違いはどこから来るんだろう。


どのコーヒーが好き、嫌いというのは人それぞれであるけれども、「コーヒー本来の良質なもの」かどうか、という視点で書かれている。
驚いたのは、コーヒーをいれる時にお湯を沸かすけれども、沸騰させたら駄目なんだって。沸騰したのを冷ますのも駄目。
注ぐ湯の温度は85~90℃が適当だけど、この「完全に沸騰させない」という点は重要。
沸騰した湯の何が味を悪くするのか正確には分からないけど、沸騰の前後で湯に含まれる色々な微量成分が変化し、コーヒーの抽出に影響することは確かだそう。そしてこれは紅茶や日本茶も同様。

専門的な器具を買ったりするつもりはないけど、今出来ることでおいしく出来ることはやっていきたい。




コーヒーって単純でいいなって思う。
いや、コーヒーを淹れるのが簡単とかではなくむしろ奥が深いものだと思うけど、僕が言いたいのはそこに求められるのは「おいしさ」であって、他にめんどくさい要素はないということ。


色んな事を求めて求められてめんどくさい。人間関係だとか社会問題だとか、夢を持った生き方が素晴らしいとか、有名企業に入って金持ちになるのが幸せとか、モテ非モテとか、良く分からないマニュアルみたいなものをバンバン押し付けられて、ごちゃごちゃしてて、そんなんどうでもいいわって。好きを貫く生き方だってその場その場の生き方だってどっちだっていいし、別にどう生きようと俺は絶対馬鹿になんかしないし、なんか変に肩に力入れなくてもゆっくり流れてけばいいやんって思うし、おれがランドスケープアーキテクトになろうが総理大臣になろうがそれが別に偉いわけじゃないし、ゴミ収集員になってもいいなとか思ってたりするし、あー何かゴミ収集員とかいうとどうせバカなやつみたいな目で見るやつもいんだろうなとか何かもう色々ドッと疲れる。あーもうめんどくさいわ、もっと原始的に生きたいんだ。好きなことやりゃいいやん、やんなくてもいいやん、ちょっとぐらい就職できなくたって一生が楽しくなくなるわけじゃないし、迷惑がかかるとか言ってもそんなん言ったら今だってもう十分迷惑かけてるしかけられてるし、自分なりに生きてけばいいし、第一人間なんて助け合いで成り立ってんだろ、それを迷惑の掛け合いととるかそうかじゃないかやないんか、いやまぁ少なくとも何かで社会に出ることは責任だと思ってっけど俺はうんたらかんたら

コーヒーって、俺にとってそういうめんどくさい思考から解放してくれる何かがある。

第一

「うまいコーヒー」

ってそれだけで幸せな文字列と思うのは、俺だけ?笑
[PR]
by santos0113 | 2010-04-23 23:57 | book
<< 5月15日 日記 地域の文化財 >>