ラジオ

久々にラジオを聞いた。中学生以来かもしれない。
福山雅治の「あの子のパンツの色聞いてみよう」っていうコーナー。タイトルまんまで、好きな子の今はいてるパンツの色を福山雅治が代わりに聞いてくれるというあのコーナー。
大好きでした!笑
あんな事で最っ高に幸せになれる男(僕含め)ってやっぱり単純なんだろうか。

僕にとってテレビって自分が見ていない時は騒音でしかない。でもラジオって何であんなに心地好く抜けていくんだろう。対象が見るか聞くかだけの違いだけだろうか。
違う気がする。

ラジオって、ちゃんと対話の形になってる。一方的な押し付けみたいなものは感じない。何か人間らしさを感じる。何となく、だけど。
何より映像が無いっていうのは悪いことではない気がする。
想像する事を楽しめる。
テレビに、想像の余地はない気がする。

それに何よりやっぱ声がいいし。


にしても怒髪天って人いいなーこういうストレートな物言い好きだな。

ジョギングしたいけど引ったくりが多いみたいで、怖くて(自分が間違われるのが)行けない。あーやだなー。
[PR]
by santos0113 | 2010-04-02 22:57
<< UNIQLOCK 文化的景観 >>