3月13日 日記

デザインとは、ある対象と対象を関連付けること。
前に読んだパーマカルチャーの本に書いてあった言葉。
すごくすんなりと腑に落ちた。何も反論するところが無い。
対象と対象を関連付けるということは、ある対象ひとつではデザインは成り立たないということ。
そしていくつかの対象を関連付けることは、それぞれの知識が無ければ出来ない。
ある問題をランドスケープという手法で解決しようとする。
それにはある問題とランドスケープに関する知識が必要。
当たり前と言えば当たり前のことだったんだけど、それを良く理解していなかったことに気付いた。
最近は新聞を読んでいる。問題を正しく理解するために。もちろん全然分からんけどorz
ほんとうに優れた作家は、その時代があまりに欠いているものについて、それを欠いていること自体が意識されていないものについて、それが欠けていることが気がつかれていないという当の事実がその時代を決定しているようなものについて、書く。たとえば、その社会の「影」について。

前にも書いた内田樹のことば。
作家だけではない。ランドスケープデザインを手掛ける人としても、無視できない。



3月に入って、読書をしまくっている。
家でずっと読書してるせいか、同居している兄姉の目が何か冷たい!!笑
ニートやら引きこもりやら言われる。うーん否定出来ん笑。。。
僕もそれなりに考えて、信念を持って読書をしている。
信念を持つこととは、全面的に信用して、それが例えいい結果を生み出さないとしても、それに対する覚悟をしているということ。
ニートとか引きこもりと呼ぶのはいいんだけど、ただそれに対して否定をされることは、悲しい。
それが自分の大事に思っている人々なら尚更。ただ、彼らは彼らで僕の事を思って言っている、それは責めるべきではない。
と、何となく居づらくなって、リビングで読書してたけど部屋でやってます。部屋に引きこもって出てこない子供たち、それと同じ心境だったりするかも。
家族の誰か一人でいい、彼の考えていることは分からなくても、それを全面的に信用してあげることが大事だと思うんだ。(導く人はもちろん必要だと思うけれど。)
じゃないと彼は誰も、自分の事も信じらんなくなってしまう、気がする。

何か愚痴っぽい日記。
とにかく3月は読書をとことんやってみよう。レビューも書こう。
何より僕は今、知識とか世の中の見方と言った情報に、飢えている。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-13 10:42 | diary
<< 独身女性の性交哲学 3月12日 日記 >>