愛するということ

愛するということ

Erich Fromm / 紀伊國屋書店

スコア:


この小さな本は、愛は技術であるという前者の前提の上に立っている。

愛について学ばなければならないことがあるのだと考えている人はほとんどいない。

愛に学ぶことなんてないという態度は、いくつかの前提の上に立っている。
①たいていの人は愛の問題を、愛するという問題、愛する能力の問題としてではなく、愛されるという問題として捉えている。
②愛の問題とはすなわち対象の問題であって能力の問題ではない、という思い込みである。愛することは簡単だが、愛するにふさわしい相手を見つけることは難しいと考えている。
③恋に「落ちる」という最初の体験と、愛している、あるいはもっとうまく表現すれば、愛のなかに「とどまっている」という持続的な状態とを、混同していることである。

①―「愛されキャラ」「モテ子になりたい」なんて言葉を良く耳にすることを考えれば、納得できる。
②―「恋愛はしたいけど、いい人いないなぁー」といった感じ?現代社会の発展と関連したいくつかの理由がある。
・以前は、愛は結婚へと至ることもありうる自発的な個人体験ではなかった。結婚は社会的な配慮に基づいて取り決められるものであり、結婚した後ではじめて愛が生まれるのだと考えられていた。ところがここ数世代の間に、ほとんどの人が「ロマンティック・ラブ」すなわち結婚に結びつくような個人的体験としての愛を追い求めている。自由な愛という概念によって対象の重要性が大きくなった。
・現代人の楽しみとは、わくわくしながらショーウィンドウをながめたり、現金であれ月賦であれ、買えるだけのものは何でも買うことである。誰もがそれと同じような眼で人間を見ている。何が人を魅力的にするかは、肉体的にも精神的にも、その時代の流行に左右される。人間の愛情関係が、商品や労働市場を支配しているのと同じ交換のパターンに従っている。
③―たがいを隔てていた壁を取り払い、親しみを感じ、一体感を覚える瞬間は、胸のときめく瞬間だ。しかしやがて反感、失望、倦怠が最初の興奮の名残を消し去ってしまう。互いに夢中になった状態、頭に血が上った状態を、愛の強さの証拠だと思い込む。

フロムは、愛は技術であり、それを習得するためには努力が必要としている。その過程として、
・理論に精通すること
・習練に励むこと
・技術を習得することが自分にとって究極の関心ごとにならなければならない
としている。

愛の理論について。
人間は孤独で、自然や社会の力の前では無力だ。人間の、統一のない孤立した生活は、耐えがたい牢獄と化す。この牢獄から抜け出して、外界にいるほかの人々と何らかの形で接触しない限り、人は発狂してしまうだろう。

孤立しているという意識から不安が生まれる。そればかりでなく、孤立は恥と罪悪感を生む。…人間の最も強い欲求とは、孤立を克服し、孤独の牢獄から抜け出したいという欲求である。

その欲求に対して
どのような答えを出すかは、ある程度、その人間がどれくらい個人として独立しているかによる。幼児はまだ母親との一体感をもっているので、母親がそばにいる限り、孤立感を覚えることはない。ところが、孤立感や個人としての意識が大きくなるにつれて、別の方法で孤立感を克服したいという欲求が生まれる。

そしてその孤立感を克服するために人間がとる方法としていくつか挙げられている。
①興奮状態による合一
②集団、慣習、慣例、信仰への同調にもとづいた合一
③創造的活動

順に説明すると、
①はいわばお祭りの乱痴気騒ぎのようなもの。集団的な興奮状態を経験した後、しばらくは孤立感にそれほど苦しまずにすむ。しかし、そうした共同の行事を捨ててしまった社会に生きる個人は、アルコールや麻薬といった方向に進む。興奮状態が過ぎると一層孤立感が深まり、ますますアルコールなどの助けを借りる羽目になる。
セックスによる興奮状態の助けを借りるという解決法はそれとはすこしちがう。性的な交わりは、ある程度、孤立感を克服する自然で正常な方法である。しかし、他の方法で孤立感をいやすことのできない人々の場合、これは絶望的な試みであり、結局は孤立感を深めてしまう。
②は、現代社会でもっとも一般的な方法である。集団に同調することによって、個人の自我はほとんど消え、集団の一員になる。これにより孤独という恐ろしい経験から救われる。いかにして合一感を得るかという問いには、どうしてもなんらかの答えが必要なのであり、他に良い方法がないなると、集団への同調による合一が一番良いということになる。たいていの人は、集団に同調したいという自分の欲求に気付いてすらいない。
平等という言葉がある。搾取の廃止、すなわち利用の仕方が残虐であれ「人道的」であれ、人間が人間を利用することの廃絶、これが平等の定義である。現代の資本主義社会では、平等の意味は変わってきている。今日、平等といえば、それはロボットの、すなわち個性を失った平等である。現代では平等は「一体」ではなく「同一」を意味する。
③には、芸術的な物もあれば、職人的なものもある。どんな種類の創造的活動の場合も、創造する人間は素材と一体化する。ただし、このことがあてはまるのは、生産的な仕事、すなわち私が計画し、生産し、自分の眼で仕事の結果をみるような仕事のみである。

生産的活動で得られる一体感は、人間同士の一体感ではない。祝祭的な融合から得られる一体感は一時的である。集団への同調によって得られる一体感は偽りの一体感にすぎない。ではどうすればいいのか。
そこで出てくる完全な答えが、人間同士の一体化、他者との融合、すなわち愛にある


大事なのは、「愛」と言ったとき、どういった種類の結合の事を言っているのかを、私たちが了解していることだ。

結論から言うと、
成熟した愛は、自分の全体性と個性を保ったままでの結合である。愛は、人間のなかにある能動的な力である。人をほかの人々から隔てている壁をぶち破る力であり、人と人とを結びつける力である。愛によって、人は孤独感・孤立感を克服するが、依然として自分自身のままであり、自分の全体性を失わない。愛においては、二人が一人になり、しかも二人であり続けるという、パラドックスが起きる。

愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない。そのなかに「落ちる」ものではなく、「みずから踏み込む」ものである。愛の能動的な性格を、分かりやすい言い方で表現すれば、愛は何よりも与えることであり、もらうことではない、ということができよう。

愛は与えること、では何を、どうやってあたえればいいのか??
自分自身を、自分のいちばん大切な物を、自分の生命を、与えるのだ。自分の喜び、興味、理解、知識、ユーモア、悲しみなど、自分のなかに息づいているもののあらゆる表現を与えるのだ。

自分の生命を与えることで、他人を豊かにすること。それだけではない。
与えるということは、他人をも与える者にするということであり、たがいに相手のなかに芽生えさせたものから得る喜びを分かち合うのである。

愛に限っていえば、こういうことになる。
愛とは、愛を生む力であり、愛せないということは愛を生むことが出来ないということである。


与えるという意味で、その人を愛することができるかどうかは、その人の性格がどの程度発達しているかということによる。
愛するためには、性格が生産的な段階に達していなければならない。

生産的な段階とはすなわち、自分の外にある目的のためにエネルギーを注ぐということであり、また自分に本来備わっている力を用いるということである。与えるという行為は自分のもてる力のもっとも高度な表現である。

また、愛の能動的性質を示しているのは、与えるという要素だけではない。配慮、責任、尊敬、知である。
愛とは、愛する者の生命と成長を積極的に気にかけることである。愛の本質は、「何かを育てる」ことにある。
責任は、母子の関係についていえば、生理的欲求に対する配慮を意味する。おとなどうしの愛の場合は、相手の精神的な求めに応じることである。責任とは、他の人間が何かを求めてきたときの、私の対応である。
責任は、尊敬が欠けていると、容易に支配や所有へと堕落してしまう。そして人を尊敬するには、そのひとのことを知らなければならない。他者と生産的に融合したとき、私はあなたを知り、私自身を知り、すべての人間を知る。


生産的に愛するには、信じること(信念)が必要だ。自分の愛は信頼に値するものであり、他人のなかに愛を生むことができると「信じる」こと。そして、たとえば母親が子供の成長を信じるように、他人の可能性を「信じる」こと。その信念があるかないかが「洗脳」と「教育」のちがいだ。洗脳を行う者は、他人の生命力と可能性を信じていない。一方、教育とは、他者が可能性を実現してゆくのを助けることだ。そして信念をもつには勇気がいる。勇気とは、あえて危険をおかす能力であり、苦痛や失望さえも受け入れる覚悟である。

愛するということは、なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、全面的に自分をゆだねることである。愛とは信念の行為であり、わずかな信念しかもっていない人は、わずかしか愛することができない



僕はロボットのような世界を、蔑んでいるのだろうと思う。
そして世界を知りもしないで決めつける自分を、世界を愛することのできない自分を、蔑んでいると思う。
愛を阻んでいるのは、自分のなかの偏見や思い込みではないか。
偏見や思い込みが生まれるのは、良く知らないからではないか。
僕が今必要としているのは、自分を、世界を知ることではないか。
[PR]
by santos0113 | 2010-03-10 17:22 | book
<< 3月11日 日記 日本の風景・西欧の景観―そして... >>